歴代セレナ

歴代のセレナ

日産のセレナは長い歴史を持つミニバンです。

セレナはルーツが古くから存在し、1970年前後のダットサンの時代からそれはすでにはじまっていたのであり、今ではC25型(3代目)以降はスズキへ『ランディ』の名前でOEM供給されています。

もともとはバネットの後継車種として登場したのがきっかけで、これが現在のセレナの初代とも言える『C23型バネットセレナ』の登場でした。

バネットセレナはこの当時世界で初登場となった児童会へ意識のウィンドウ、通称パワーウィンドウを装着して販売が開始され、それまで手動の窓しかなかった自動車業界に大きな衝撃を与えることになりました。

1991年に登場して、その後1999年に2代目C24へとモデルチェンジ、それから2005年にC25型、そして現在のセレナは2010年に登場したC26型と、モデルチェンジにいたるまでのサイクルが長いことがわかります。名前の由来は「はればれとした」や、「おだやかな」と言う意味のスペイン語から取られているものであり、初代はミニバンに走りのよさを追及したモデルと言うこともあって、こうしてゆったりと走ることの出来るミニバンとして成長しているのがこのセレナと言う日産のミニバンであるのです。

歴代セレナ関連コンテンツ

C26
2010年、現行モデルとなる4代目のC26型が登場しました。 基本的なデザインのベースとしては ..... >> 続きを読む

C25
2005年にセレナは3代目へと進化をしました。 この3代目ではハイウェイスターとライダーが引き ..... >> 続きを読む

C24
初代のC23セレナは1991年に登場し、それから8年と言う長い年月を経てようやく2代目のC24型セレ ..... >> 続きを読む
FX売買損益